資料請求/お問い合わせ

平屋モデルハウス 高屋の家

スタッフブログ

2024/01/14

メンテナンス/松本拓也

ふくとみの家の外壁に付いている換気扇のフードは、排気方向を限定して軒裏を汚さないような形状にしています。また水切りを付ける事で外壁を汚染させないように考えています。虫や小動物が入らないようにメッシュ付きにしているので、数年に一度はメッシュについた埃を取らなければ換気性能が落ちてしまいます。特に浴室天井の換気扇はフィルターが付いていない事もあり、湿気も相まって詰まりやすいです。メンテナンスが容易なフードを標準で選定していますので、紹介します。

フード本体の左右のビスを外し(ビスを落とすと見つけにくいのでご注意ください)、少し回転しながら蓋を分離します。我が家の浴室は運転時間が長いので7割ほど埃で塞がっていました。メッシュは湿気と埃で固まり特に下側は完全に塞がれています。フード本体には水返しが付いていますが、このままだと結露水が逆流して壁の内外にオーバーフローする事もあります。外壁を汚染しているお宅も街中で良く見かけます。

汚い写真ですみません。水とブラシで綺麗になりました。トイレなどは換気扇にフィルターが付いていますが、放っておくと完全に詰まる事も多いのでご注意ください。

キッチンのレンジフードは油汚れなので、市販の洗剤で溶かしてください。キッチンはメッシュが小さいとすぐ詰まるご家庭もありますので、メッシュ間隔が広い場合があります。

形状が違う場合や高所の場合は、家守りの時にお問い合わせください。また今までの家守りで、毎回詰まっているフードは当方の判断でメッシュを撤去して詰まらないようにしている場合もあります。