資料請求/お問い合わせ

平屋モデルハウス 高屋の家

宮崎椅子のお取り扱い

使うほどに愛着の持てる家具

職人さんが丁寧に仕上げた宮崎椅子。
実際の座り心地や質感をご体感いただき、ぜひお気に入りの一脚を見つけてください。
樹種、ファブリック見本をご用意しております。

  • bo chair

  • DC09

  • ENNE

  • GINA

  • hozuki

  • KAKI no ISU

  • ottimo arm

  • PECORA

  • pepe lounge

  • R+R chair

  • rib

  • U chair

  • UU chair

  • A stool

  • GAMBA

  • hozuki stool

  • Paper Knife sofa 1P

  • Paper Knife ottoman

  • en side table

bo chair

■デザイン
小泉 誠
■サイズ
W420 D485 H850 SH410(mm)
■コメント
ウィンザーチェアー名人の村上富朗さんに会ったのは30年前。 その村上さんが昨年亡くなられ、お世話になった思いを素にスポーク構造の椅子に挑戦した。 とても必然的で合理的なこの工法と宮崎椅子の技を合わせ、華奢ながらもしっかりと身体を包んでくれる優しい椅子が出来上がった。(小泉 誠)

DC09

■デザイン
INODA+SVEJE
■サイズ
W540 D510 H740 SH435 (mm)
■コメント
座と補強材を一体化させ、強度を保てる限界まで薄く削り上げた彫刻のような座が特徴。ソリッド木材を人間工学に沿った有機的なラインで仕上げ、今までの日本家具にはめずらしい重厚感の中にも軽快さを取り込んだ作品。(INODA+SVEJE)

ENNE

■デザイン
村澤 一晃
■サイズ
W470 D530 H745 SH420 (mm)
■コメント
ENNE(エンネ)とは、イタリア語で ”N”という意味です。
公共の場などでの使用を考え、軽快なフォルムでありながら、トラス構造を採用して、抜群の強度をあわせもった椅子です。複数脚並べたときに見せる幾何学的な美しさもまた魅力です。

GINA

■デザイン
村澤 一晃
■サイズ
W540 D570 H790 SH420 AH625(mm)
■コメント
どの部分を切ってもまったく同じ断面が存在しない連続したラインが特徴のデザイン。木部はどこに触れても手に優しく、成形の背の弾力で疲れを感じさせない座り心地です。
ファブリックの違いで驚く程印象が変わります。(村澤一晃)

hozuki

■デザイン
吉永 圭史
■サイズ
W550 D500 H725 SH435(布座)
SH420(無垢座) (mm)
■コメント
座面の丸三角の形がほおずきの実に見えるでしょうか?三本脚で小さな椅子ですが、安定感としっかりとした座り心地を併せ持つ優れものです。座面を支える構造の要には、高度なフィンガージョイントを用いて、見えないところも美しく納めることができました。また、軽量でスタッキングもできます。更に新しく無垢座タイプが加わりました。(吉永 圭史)

KAKI no ISU

■デザイン
古田 恵介
■サイズ
W445 D500 H765 SH445 (mm)
■コメント
背フレームが大きく湾曲したフォルムが特徴。 背は布張りタイプと無垢の2タイプ。 コンパクトなサイズで都市住宅にも収まりやすく、座と背にはゆったり感がそなわり、くつろいだダイニングもふさわしい。

ottimo arm

■デザイン
村澤 一晃
■サイズ
W540 D530 H780 SH425 AH600 (mm)
■コメント
くるりと回った脚と肘が特徴です。 見た目は細くても6000回の衝撃試験にもびくともしなかった、強度も抜群の椅子です。

PECORA

■デザイン
村澤 一晃
■サイズ
W495 D545 H740 SH425 AH610 (mm)
■コメント
羊の角のようにくるんとカーブした曲げ木加工のアームが特徴的なフレーム。 シートは、「座ぶとんがのっかっているような」仕上がりにするために縫製の試作を何度も繰り返し、 ぴったりと張り込んだ座面とは違う、独特の表情を持たせている。(村澤 一晃)

pepe lounge

■デザイン
村澤 一晃
■サイズ
W590 D620 H735 SH370 (mm)
■コメント
ゆったりとしたサイズで低めの座面。体を優しく受け止める大きくカーブした背。ソファコーナーを設けないLDKの?ゆったりダイニングチェア“としてデザイン。大らかな座り心地を確保しながら、軽量な仕上がりとなっている。

R+R chair

■デザイン
小泉 誠
■サイズ
W380 D475 H745 SH430 (mm)
■コメント
宮崎椅子製作所の開発に関わり幾つかの椅子をデザインしましたが、開発三年目にして初めて商品化になった椅子が「R+R chair」と「R+R counter chair」です。 それまで幾つかデザインした椅子は良い形ではありましたが宮崎椅子製作所らしい椅子ではないため宮崎社長からNGが出ました。 その後、スタンダードな椅子ながらも宮崎椅子製作所の技術が活かされた椅子を目指し、ようやくこの椅子が出来上がりました。 何でもない椅子に見えますがつじつまの合う形にするために技術を活かし、外周には大きな面(R)を取る事で優しい椅子にないました。 そして、Rが沢山あるので「R+R」という名前になりました。(小泉 誠)

rib

■デザイン
村澤 一晃
■サイズ
W475 D525 H810 SH425 (mm)
■コメント
背中全体を包む込むような座り心地を実現しながら、できるだけ軽快で風通りの良い椅子を考えてみました。 三角~台形へと連続するフレームの断面は、十分な強度を保ちながら、繊細なラインも表現できたと思います。どこかクラシカルな印象と現代的な表情が同居しているデザインです。(村澤 一晃)

U chair

■デザイン
小泉 誠
■サイズ
W490 D520 H720 SH415 (mm)
■コメント
自分が設計をした空間に似合う椅子が欲しいと思いデザインをしました。 日本の空間は角材で構成される事が多く、この「U chair」も角材の構成で身体を心地よく支えながらも建築的で空間に馴染む事を考えています。 その名のとおり背とアームがUの字をしているので「U chair」です。単純な形態をしていますが、肘をゆったりと掛ける事が出来てなかなかの座り心地です。 このUの字の部材をフィンガージョイント+削り出しをしていますので、とても「木」らしい魅力的な印象に仕上がりました。(小泉 誠)

UU chair

■デザイン
小泉 誠
■サイズ
W565 D530 H730 SH430 (mm)
■コメント
U chairの評判がとてもいいもので、もっと座り心地の良いアームタイプの椅子に挑戦しました。 U chairの上にU型のアームを付ける事で、背の当たる面積も増え、肘当てにも余裕ができ、何よりも構造的に強い形になりました。 ということでU chairにU型のアームを付けたという事で、「UU chair」です。じつは、小泉が仕事場で常時座っているのがこの「UU chair」です。(小泉 誠)

A stool

■デザイン
小泉 誠
■サイズ
W470 D450 H420 SH415 (mm)
■コメント
LA chairの背中を取ったためA型の脚だけが残り、A stoolという名になりました。スタッキングが可能な便利なスツールです。(小泉 誠)

GAMBA

■デザイン
村澤 一晃
■サイズ
W420 D270 H445 SH435 (mm)
■コメント
座面から脚に繋がる流れるようなフレームが特徴。少し反り返った座面はスツールでありながらイス並みの座り心地を実現しています。必要以上に存在感はなく、それでいて日々活躍する名脇役デザインです。 「ガンバ」は脚の意味。ぐっと脚を踏ん張っているようなフォルムから名付けました。(村澤 一晃)

hozuki stool

■デザイン
吉永 圭史
■サイズ
W470 D440 H435(布座)
H420(無垢座) (mm) 
■コメント
hozuki chair と同じ貫構造のスツールです。無垢座タイプの座面は、ちょうどうつわの底をほおずき型(丸三角)に切り取った形をしています。ゆったりとした座面と安定感のあるプロポーションはhozuki tableとの相性もぴったりです。(吉永 圭史)

Paper Knife sofa 1P

■デザイン
Kai Kristiansen (カイ・クリスチャンセン)
■サイズ
W640 D770 H750 SH400(mm)
■コメント
ナイフをモチーフにしたアームの形状がネーミングの由来。デンマークのデザイナー、カイ・クリスチャンセンがデザインしたソファを2008年より復刻生産。ゆったりとしたサイズを細身の美しいフレームで実現している。

Paper Knife ottoman

■デザイン
Kai Kristiansen (カイ・クリスチャンセン)
■サイズ
W600 D400 H400(mm)
■コメント
ナイフをモチーフにしたアームの形状がネーミングの由来。デンマークのデザイナー、カイ・クリスチャンセンがデザインしたソファを2008年より復刻生産。ゆったりとしたサイズを細身の美しいフレームで実現している。

en side table

■デザイン
小泉 誠
■サイズ
W465 D420 H550 φ400
■コメント
樹種は脚部がウォールナット、天板はナラ無垢天板です。 サイドテーブルは座る場に寄り添えることが大事です。ソファーやベッドの足下にサイドテーブルの脚が入り込むことで人に寄り添い便利な道具になります。 そしてその形を一本の角材が連なる「一筆書き」の形で構成して、空間にも寄り添えるさり気ない形になりました。 名前の「en」は日本語の「縁」からなり、人と環境を繋ぐ「縁」を取り持つ道具として命名しました。(小泉 誠)

ページトップ