来場予約/お問い合わせ

平屋モデルハウス 福富の家

Concept福富建設の家づくり

家づくりの過程には、多くの人の技・想い・命が込められています。
設計士がお客様の想いを形にし、大工職人たちがそれをつくり上げていく。
私たちが目指すのは「家をつくることで、みんなの心が豊かになる」そんな家づくりです。

Concept1

福富建設の家づくり その1

「本物志向」で
長く愛せる家を
唯一無二のかたちに

福富建設の家づくりは、
自然素材を軸とした「本物志向」。
しかしそれは、単なる流行や見た目に
こだわることではありません。

完成したら見えなくなるところまで自然素材を使う

「見えないところにまでこだわらなくても分からない」と言われるかもしれません。しかし、そこまで徹底することで、福富建設の家に入った時に感じる「本物の木の香り」「深呼吸したくなる空間」「今まで見てきた家と違う」が実現しているのです。福富建設が追求する、本当の意味での「本物志向」のかたちは、お客様の五感で実際に感じていただきたいと思っております。

住まい手とともに、つくり手の健康を守る

現在日本の家づくりで当たり前に使われている「新建材」。これらには合成接着剤が多用され、空気中に化学物質を出し続けることで、シックハウス症候群やアレルギーなどの体の不調につながっています。「新建材」は生産性が高く施工も容易なため、ほとんどの住宅やその他建築物で一般的に使用されています。福富建設の家ではこのような「新建材」を使用せず、見えないところに至るまで国産無垢材と自然素材を使用しています。これは『技術と手間』が必要な仕事です。福富建設の家づくりの理念を理解し、技術を磨き続け、質の高い仕事を提供してくれる協力業者会「福富会」の職人たちの力によって実現できるのです。また、国産材・自然素材にこだわる家づくりは、住まい手の健康はもちろん、施工する大工職人たちの健康を守ることにもなるのです。

育っていく過程も楽しめる。それが自然素材の醍醐味

床、建具、壁、外壁、造作家具や木製キッチンなどに使用する、木や紙といった自然素材は、科学的に合成・加工された素材と比べて耐久力やメンテナンス性に劣ると思われることがあります。しかし、その性質を知り、きちんとお手入れを施せば、独特の味わいや表情が徐々に深まり、むしろ長く使えるのです。大切なのは正しい付き合い方を知り、経年変化の過程まで楽しんでいくこと。福富建設では、お手入れの方法をお教えすることはもちろん、家守りを通して専門的な補修・メンテナンスにも継続的に対応していきます。家族と共に、家が育っていく時間を楽しみましょう。

moreclose

Concept2

福富建設の家づくり その2

光と風が心地よい、
毎日の暮らしのための
設計

流行に流されることのない、価値ある家づくり。
心から「美しい」と思える家は、
時代を超えて受け継がれていく
大切な資産になるはずです。

気候風土に合った家を追求する

日本は小さな島国でありながら、美しい四季があり、地形が南北に長いため、地域により本来生活環境が異なります。しかし、現在の多くの住宅メーカーが提案する家は全国一律で、本来住み心地に直結する気候風土を重視しない設計施工を行っています。福富建設の家は、岡山の気候風土、地域特性を考え、その土地の暮らしに合った設計しています。性能だけでは叶えられない、住まい手の五感に訴える、住み心地の良い家を実現します。

住むほどに愛着を深め、誇りを高めていく美しい家

佇まい、つまりは外観の美しさへのこだわりも、福富建設の特徴のひとつ。一日のはじまりに家を出るとき、そして一日の終わりに家に帰り着くとき。繰り返し目にする家の姿は、そこに住む家族の愛着を深め、誇りを高めていくものでなければなりません。
「美しい家」とは、細部にわたるつくり込みによって生まれるもの。周辺の景観に自然に馴染む色調やフォルムはもちろん、構造や素材、光の当たり方や影のかかり方に至るまで徹底的にこだわることで、流行に流されることのない凜とした風格をつくり上げていきます。つくり手が語る「美しさへのこだわり」は自己満足に聞こえてしまうかも知れませんが、福富建設が美しさにこだわるのは、あくまでもそこで暮らすご家族への思いです。

新しい暮らしにフィットする家具や収納

福富建設は、オリジナルの建具や造作家具を得意としています。新しい家、新しい暮らしにフィットする家具や収納を既製品から探すのは至難の業。特にオリジナル木製キッチン、背面収納や食器棚、洗面所の鏡付き収納、本棚、リモートワーク仕様のデスクなど、暮らし方にフィットするオーダーメイド収納は、多くのお客様からご好評をいただいています。福富建設では、家の間取りはもちろん、使う人の体格や、家事の流れなどを造作の設計に落とし込んでいきます。この先の数十年を毎日使い続けるものだからこそ、ほんの小さなストレスでも見落とさずに解消していくことが、本当の暮らしやすさに繋がります。使い心地は住み心地に直結、「オーダーメイド収納」で暮らしを軽やかに。

moreclose

Concept3

福富建設の家づくり その3

手仕事の
あたたかみと安心感

注文住宅をつくる上では、
個性あふれる設計だけでなく、
それをかたちにする施工技術が重要。
福富建設の大工には、
それをかたちにしていく高い技術力があります。

社員大工を育て続け、技術を継承する意義

福富建設は創業以来一貫して「社員大工」を採用育成し、大工技術を受け継いでいます。福富建設がこだわる安心安全な家づくりには「社員大工」が欠かせません。無垢材を正しく扱うためには、木材の性質を正しく読み、適材適所に納める技術が不可欠です。そのためには、徹底した大工技術の伝承と、技術を磨き続ける努力が必要です。

高い技術力があるからこそ、個性豊かな家の提案を可能にする

福富建設が建てるオーダーメイドの注文住宅は、一邸一邸が唯一無二の存在。個性豊かな家は、自ずと施工の難易度が高まり、一般的な大工さんや施工会社では断られてしまうようなケースも少なくありません。しかし、福富建設には、創業以来続く挑戦と試行錯誤によって鍛え上げてきた確かな技術力があります。「こんなことお願いできるのかな……」と悩む前に、どんどん相談してください。お客様のご要望をコンセプトから考え、理想をかたちにしていきます。

建築後の長いお付き合い「家守り」

昔の棟梁と言われた大工たちは、お施主様の家の手入れや保守管理を「家守り」として続けてきました。福富建設では、お施主様に安心して長く暮らして頂くために、建てた棟梁が定期的に家守りに伺っています。自然素材ならではの経年変化を楽しみ、家に対して愛着を持って暮らして頂くためにも家守りを通してお施主様の家を見守り続けています。

moreclose

Concept4

福富建設の家づくり その4

家づくりの
「最初の一歩」
を応援する強い味方
(土地探し、資金相談など)

叶えたい暮らしを実現するための土地探し

家づくりをはじめるお客様の実に約9割(当社調べ)は土地を確保していません。
だからこそ、福富建設は「土地探しから頼れる存在」を目指しています。

土地は家を建てるために必要不可欠なもの。言わば家づくりの「最初の一歩」です。一方で、探し方、選び方、買い方、建築基準など、さまざまな知識が求められ、お客様ご自身だけで決めるのが難しい「最初の壁」でもあります。福富建設では、この「最初の壁」を安心して乗り越えていただくために、地元不動産会社と緊密に連携しています。土地相談会では、まずは土地探しから購入までの「基本」を学んでいただき、その後、条件やご希望を汲み取った上で専門的な視点からセレクトした土地を個別にご紹介するなど、しっかりとサポートします。

家づくりの資金計画は、人生の資金計画

理想の暮らしを叶えるための家づくりや土地探し。
その根底には、妥協のない資金計画が必要だと思っています。

安心して家づくりを進めるために、まずはお金のことをきちんと学び、「自分たちの人生のための資金計画」を整えることが必要です。これは、お客様にとって千差万別だと思います。思い描く理想の暮らしを叶えるための家づくり。土地、建物、これからの生活に掛かるお金について、資金に関する幅広い知識を備えたファイナンシャルプランナーが、分かりやすく疑問にお答えします。

moreclose