資料請求/お問い合わせ

社員大工の手仕事

ふくとみの大工は
日本一の家づくりを目指しています。

昭和22年創業の福富建設は社員大工の家づくりを貫いています。

昭和22年創業の福富建設は社員大工の家づくりを貫いています。
大工の親方だった先代、先々代から、仕事はもちろん
人間としてのあり方を厳しく仕込まれ、
若手大工たちもその職人魂を受け継いでいます。

地道な仕事を、きちんとするかどうかによって仕上がりが変わる。
素材を知り、気候風土を知ることから家づくりは始まる。
一棟一棟心を込め、お施主様に喜んでいただける仕事をする。
これがふくとみの大工の心意気です。

つくり手の大工の顔が見え、永続する家守りに
施主様は安心できるのではないでしょうか。

素材を見極める

福富建設の家は、構造材、内装材に使用する木材はすべて国産の無垢の木を使用します。見えないところに至るまで、構造用合板やベニヤ等は一切使用しません。家づくり、無垢の木の特徴を熟知した経験豊富な社員大工が、一棟一棟丁寧に、責任を持って作り上げます。

素材を見極める

素材を見極める

福富建設の家は、構造材、内装材に使用する
木材はすべて国産の無垢の木を使用します。

見えないところに至るまで、

構造用合板やベニヤ等は一切使用しません。

家づくり、無垢の木の特徴を熟知した

経験豊富な社員大工が、一棟一棟丁寧に、

責任を持って作り上げます。

大工総出の棟上げ

棟上げとは、家の骨格となる構造材を組み上げていくことです。ふくとみの大工総出、阿吽の呼吸で組み上げていく姿は圧巻です。家の棟木(屋根の一番高いところの木)を、施主様にご自身の手でトントンと納めていただきます。この家で始まる暮らしを安全に守ってくれるようにと願いを込めて。完成後は見えなくなる部分だからこそ、しっかりと見ていただきたいと考えています。「家づくり勉強会」や「構造見学会」でぜひ勉強してください。

大工総出の棟上げ

大工総出の棟上げ

棟上げとは、家の骨格となる構造材を
組み上げていくことです。

ふくとみの大工総出、阿吽の呼吸で

組み上げていく姿は圧巻です。

家の棟木(屋根の一番高いところの木)を、

施主様にご自身の手でトントンと納めていただきます。

この家で始まる暮らしを安全に

守ってくれるようにと願いを込めて。

完成後は見えなくなる部分だからこそ、

しっかりと見ていただきたいと考えています。

「家づくり勉強会」や「構造見学会」で

ぜひ勉強してください。

昔ながらの大工の伝統~家守り~

昔の大工は、家を建てた後の手入れや管理をする「家守り」として、自分が建てた家を守り続けてきました。ふくとみの大工は昔ながらの「家守り」を受け継ぎ、大工自ら毎年点検にお伺いします。ふくとみの家は、お引渡し後も一生涯のお付き合いです。

昔ながらの大工の伝統~家守り~

昔ながらの大工の伝統
~家守り~

昔の大工は、家を建てた後の手入れや
管理をする「家守り」として、

自分が建てた家を守り続けてきました。

ふくとみの大工は昔ながらの

「家守り」を受け継ぎ、

大工自ら毎年点検にお伺いします。

ふくとみの家は、お引渡し後も

一生涯のお付き合いです。

古き良きものを受け継ぐために~古民家再生~

日本の木造建築の美しさは、世界に誇れるものです。しかし、価値ある古民家や町屋は年々減少しているのが現状です。古民家再生は、腕のある大工だからこそできる難しい仕事です。私たちが目指す古民家再生は、一時的な美しさではなく、この先もまた時を経て「美しい古民家」にすることです。古民家の良さを残しつつ、現代に暮らしやすい住まいに再生します。

古き良きものを受け継ぐために~古民家再生~

古き良きものを受け継ぐために
~古民家再生~

日本の木造建築の美しさは、世界に誇れるものです。
しかし、価値ある古民家や町屋は

年々減少しているのが現状です。

古民家再生は、腕のある大工だからこそ

できる難しい仕事です。

私たちが目指す古民家再生は、一時的な美しさではなく、

この先もまた時を経て「美しい古民家」にすることです。

古民家の良さを残しつつ、

現代に暮らしやすい住まいに再生します。

大工を育て続ける

止まらない 大工職人の減少
人口減少、高齢化が進む日本の大工職人の現場。
2050年の大工人口は約5万人と推定されており、47都道府県で考え1都道府県当たりに換算すると、約1000人となります。さらに、全員が高い技術力を要する木造建築を行えるわけではありません。
若手大工を育て、高い技術を継承していかなくては、住宅のみならず、神社仏閣などの修復・保持なども危ぶまれています。
一人前の大工になるまでに何年かかると思いますか? 最低でも10年はかかると言われています。 “社員大工を抱える=会社にとってリスク”として、おおよその建築会社は下請け会社へ施工を依頼しています。それにより、お客様にとって一生に一度の大きな買い物にもかかわらず、建てている大工の顔・名前を知らないことが当たり前になってしまいました。
顔の見える家づくり
顔の見える家づくり
福富建設は、戦前から90年以上、社員大工を育て続けている数少ない工務店です。
完成後は「家守り(いえもり)」としてお客様の家へ定期点検に伺い、永続的に家を守り続けます。
お客様の声に耳を傾け、形にする「顔の見える家づくり」は、お客様にとって安心なのはもちろんですが、大工たちにとっても自分が心を込めて建てた家を喜んでもらえることは何より嬉しく、励みになります。
大工を育て続ける
大工を育て続ける
世代交代を見据え、若手大工から大工歴が半世紀以上の大工まで在籍し、熟練大工が若手大工に指導を行い、技術・伝統を継承しています。
一人前になるまでは社員寮に入り、健康を考えて食事の世話もしています。
また、福富建設と同様に社員大工を育てる数少ない他県の工務店と、定期的に研修会を行っています。自社だけでなく他社の仕事ぶりを見て、意見交換をすることで、切磋琢磨できる環境を作っています。
社員大工を育て続けることで、お客様に喜んでいただける家づくりはもちろん、地域・社会に貢献できる工務店を目指しています。

  • ふくとみの家を建てるのは全員社員大工 大工紹介
  • 自分らしい家づくりへのこだわりと想い ふくとみの家づくり

ページトップ